悪質業者がいない出会い系サイトの特徴

悪質業者のいないサイトの特徴は、優良と呼ばれる出会い系サイトをいくつか見ていくと、特徴が共通点として、判ると思います。

悪質業者は、サクラを使って男性会員にお金を使わせることが目的です。
女性会員を集める必要がありません。

ですから、女性会員がどうやっても登録できるようなフォーマットが無い、入り口が無いとなれば、そのサイトはとても疑わしくなります。

悪質業者がおらず、会員がそれぞれでコミュニケーションを楽しむような、優良出会い系サイトは、誰が使っても判りやすいように、サイトがとても親切な仕様で出来上がっています。

極端に、金額の表示が小さかったり、またははっきりと書かれているページが見当たらなかったり等、不自然な点が多いというのは、悪質業者がいる出会い系サイトの、大きな特徴のひとつです。

先ほど親切な仕様の話を書きましたが、サイトを利用するに当たり、不明な点があって問い合わせをしたときにきちんと返答が無い、はぐらかされるというのも特徴といえます。

そういったサイトに一旦登録してしまうと、その瞬間から不自然な金額の督促メールが山のように届く事もあります。

きちんと利用する側に課金の告知を最初にしなかったり、グレーな部分をたくさん持っています。

また、そのようなサイトはたいてい、インターネット上のコミュニティサイトなどで、悪いほうの評判で、口コミが出ていると思います。

口コミサイトを閲覧してみて、そこに悪い評判が出ているか等も、確認してみてください。

悪質業者のいない、出会い系サイトは、新設で丁寧な対応をどの会員にも提供してくれますので、必然的に利用者数が多いです。

バランスよく、男性会員も女性会員もいるか、公開しているサイトもあります。私はこちらの信用出来る出会い系サイトの3つの特徴で知ることができました。

悪質業者のいない、自由で楽しい出会い系サイトを利用したい時は、以下のような特徴を覚えておきましょう。

男性も女性も人がたくさんいて、使いやすく、サポートが充実している事、料金体系もサイトの作りも明瞭な事です。

出会い系サイトの歴史

「ローマは1日にしてならず」といいますが、出会い系サイトも同じで、長い歴史があります。長いと言ってもせいぜい10年ぐらいですが、まず2000年頃、それまでのプロバイダごとの会員限定だったパソコン通信のコミュニティが廃れていきました。それに代わって台頭してきたのがインターネットをバックボーンとした2chなどの掲示板です。

パソ通を隅に追いやってインターネットへのシフトが本格化し始めた2000年前後、プロバイダにしばられないインターネット上の定番的出会いサイトが誕生しました。それが「エキサイト出会い」です。今では「エキサイトフレンズ」として稼働していますが、主に同じ趣味の人達を見つけるのを目的とする出会い系サイトです。

当時、インターネット利用者は現代に比べてまだまだ少なかったとはいえ、4700万人には達していましたし、携帯電話での利用者も1000万人を突破する勢いでした。

女性の社会進出が進み、女性も積極的にPCや携帯を使ってコミュニケーションを求める時代ともマッチして、その後インターネットや出会い系掲示板への女性進出が増加しました。女性が増えたということは、女性との出会いを求める男性会員も増えるといった相乗効果によってインターネットの出会い系サイトはさらに拡大しました。

PCの使い方もより簡単になり、それまで特殊な知識がない人には敷居が高かったパソコン操作から解放され、どんどん一般的な人々がインターネットに興味をもって集まっていきました。彼らはたとえばMicrosoft Officeなど使えなくても、ブラウザでネットサーフィンだけは毎日欠かさず楽しみました。

その結果、インターネットの出会い系サイトのユーザも増え続けたのですが、ネットに関する基本的な知識すらない状態の人が増えたことにより、騙しや1クリック詐欺の被害も増えるという結果につながるのです。職業も、PC専門家ではない普通の公務員や警察官など、さまざまな職業の人々が使うことにより、インターネットはますます膨れあがってきました。

更新情報